エレクトーン 運送

エレクトーンの運送を安くする方法

エレクトーン 運送

エレクトーン 運搬

エレクトーン 配送

エレクトーン 送る

 

エレクトーンは高級な楽器です。
引越しなどで運送するには気を使いますね。

 

エレクトーンの運送は引越し業者に依頼できます。
ピアノやエレクトーンなどの楽器専門の運送業者もありますが、費用が結構かかります。

 

最近の引越し業者の中には、ピアノやエレクトーンを運んでくれるところが増えています。

 

ピアノやエレクトーンを運んでくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

1度の情報入力で、お住いの地域にあるエレクトーンを運んでくれる複数の業者を探すことができます。

 

費用やサービスなどを比較することも出来るので便利です。
見積もりは無料ですので、是非お役立てくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

エレクトーンの運送は案外費用が高くて、簡単に運ぶことができません。
配送先が近くであれば軽トラックをレンタルして自分で何とかして運ぶという手もありますが、重さが100kg前後になる高級な楽器です。
落とした、倒したなどで壊した場合は完全に自己責任ですから、そういうリスクを負いたくないのであれば業者に依頼したほうがいいと思います。

 

ヤマトの家財宅配便ではエレクトーンは運べないようですね。
それもそのはずエレクトーンはピアノと同じ扱いで、100kg近い重さと50万円以上する高級な楽器ですからできれば専門でない業者は扱いたくないのです。
やはりそれだけ運ぶのにリスクがあるものなので、安い費用で運べないものなのです。

 

それでもどうしても安さ重視なら軽トラックをレンタルして、大きな代車を駆使して運ぶという手もあります。
しかし1人では危険ですので、必ず複数の大人で行ってくださいね。

 

値段が安くないのは仕方ないから安全に運んでくれる業者を探したいのであれば、一括見積もりがオススメです。

 

 

引越しの繁忙期とは?

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期があるのをご存知ですか?
新大学生や新社会人が新学期を迎える4月の前に引越しをするので、3月は引越し件数が最も多い繁忙期になるのです。

 

さらに人事異動もあいまって、3月の引越し業者の忙しさは想像以上です。

 

当然引越し業者も臨時スタッフを募集して備えるのですが、それでもこなしきれないことも。
そうなると引越し業者に断られるわけです。

 

繁忙期は費用も高めに設定されていますので、エレクトーンを運びたいのであればこの時期は避けたほうがいいです。
繁忙期にしか移動できないのであれば、早めに見積もりを取って引越し業者を抑えてしまいましょう。

 

先延ばしにすればするほど、条件の良い引越し業者は予約でいっぱいになります。
早めの行動が吉です。

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと無駄な動きがなくスムーズですので、ぜひ1度ご確認ください。。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者への見積もりですが、新居の住所がわからないと正確な費用が算出できません。
物件までの距離が遠い、上層階なのにエレベーターがない、トラックが近くに停められないなど引越しに時間がかかると想定できる現場は費用が高めになります。それだけ人件費がかかるからです。
引越し業者に見積もりをするのは、新しく入居する物件が決まってからがオススメです。

 

そして引越し当日までに、可能な限り荷物を減らしましょう。
新居に不用品を運ぶのにも費用がかかるのです。
不用品は売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。

 

市外引越しの場合は、役所に転出届を提出します。引越しの2週間前から出すことができます。
これを出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、郵送してもらうなど手間がかかるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれます。
まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
大きな家具は重いので後で移動が簡単にできません。
引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡して下さい。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出してください。

 

他にも住所変更が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡してください。

 

大変ですが、頑張ってくださいね。

 

 

電子 ピアノ 配送 タンス 移動 冷蔵庫 配達 電子ピアノ 引っ越し