エレクトーン 運送

エレクトーンの運送を安くする方法

エレクトーン 運送

エレクトーン 運搬

エレクトーン 配送

エレクトーン 送る

 

エレクトーンは高級な楽器です。
引越しなどで運送するには気を使いますね。0

 

エレクトーンの運送は引越し業者に依頼できます。
ピアノやエレクトーンなどの楽器専門の運送業者もありますが、費用が結構かかります。

 

最近の引越し業者の中には、ピアノやエレクトーンを運んでくれるところが増えています。

 

ピアノやエレクトーンを運んでくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

1度の情報入力で、お住いの地域にあるエレクトーンを運んでくれる複数の業者を探すことができます。

 

費用やサービスなどを比較することも出来るので便利です。
見積もりは無料ですので、是非お役立てくださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

エレクトーンの運送は案外費用が高くて、簡単に運ぶことができません。
配送先が近くであれば軽トラックをレンタルして自分で何とかして運ぶという手もありますが、重さが100kg前後になる高級な楽器です。
落とした、倒したなどで壊した場合は完全に自己責任ですから、そういうリスクを負いたくないのであれば業者に依頼したほうがいいと思います。

 

ヤマトの家財宅配便ではエレクトーンは運べないようですね。
それもそのはずエレクトーンはピアノと同じ扱いで、100kg近い重さと50万円以上する高級な楽器ですからできれば専門でない業者は扱いたくないのです。
やはりそれだけ運ぶのにリスクがあるものなので、安い費用で運べないものなのです。

 

それでもどうしても安さ重視なら軽トラックをレンタルして、大きな代車を駆使して運ぶという手もあります。
しかし1人では危険ですので、必ず複数の大人で行ってくださいね。

 

値段が安くないのは仕方ないから安全に運んでくれる業者を探したいのであれば、一括見積もりがオススメです。

 

 

引越しの繁忙期とは?

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期があるのをご存知ですか?
新大学生や新社会人が新学期を迎える4月の前に引越しをするので、3月は引越し件数が最も多い繁忙期になるのです。

 

さらに人事異動もあいまって、3月の引越し業者の忙しさは想像以上です。

 

当然引越し業者も臨時スタッフを募集して備えるのですが、それでもこなしきれないことも。
そうなると引越し業者に断られるわけです。

 

繁忙期は費用も高めに設定されていますので、エレクトーンを運びたいのであればこの時期は避けたほうがいいです。
繁忙期にしか移動できないのであれば、早めに見積もりを取って引越し業者を抑えてしまいましょう。

 

先延ばしにすればするほど、条件の良い引越し業者は予約でいっぱいになります。
早めの行動が吉です。

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと無駄な動きがなくスムーズですので、ぜひ1度ご確認ください。。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者への見積もりですが、新居の住所がわからないと正確な費用が算出できません。
物件までの距離が遠い、上層階なのにエレベーターがない、トラックが近くに停められないなど引越しに時間がかかると想定できる現場は費用が高めになります。それだけ人件費がかかるからです。
引越し業者に見積もりをするのは、新しく入居する物件が決まってからがオススメです。

 

そして引越し当日までに、可能な限り荷物を減らしましょう。
新居に不用品を運ぶのにも費用がかかるのです。
不用品は売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。

 

市外引越しの場合は、役所に転出届を提出します。引越しの2週間前から出すことができます。
これを出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、郵送してもらうなど手間がかかるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれます。
まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
大きな家具は重いので後で移動が簡単にできません。
引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡して下さい。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出してください。

 

他にも住所変更が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡してください。

 

大変ですが、頑張ってくださいね。

 

 

引越しを安くするなら条件を見直そう

 

引越しの条件

 

引っ越し費用は安いほうがいいですね。
一括見積もりをすれば一番安い引越し業者を探すことはできますが、もっと安くならないのでしょうか?
それならまず引越しの条件を見直ししてみましょう。

 

さて引っ越し費用は荷物の量が多いほど高くなりますから、料金を安くしたいのであれば引越し前に荷物をできるだけ減らすことが重要です。

 

さらに引越しには繁忙期があってこの時期はどうしても高くなります。
3月の繁忙期を避けて引越しできないか検討してみてください。

 

もしどうしても繁忙期を避けられないのであれば、新居が決まったらすぐ引越し業者に一括見積もりを取って一番良いと思う引越し業者と契約しておきましょう。 
見積もりだけ取って満足していると予約が一杯になることもありますから、かならず契約して業者をおさえましょう。

 

曜日でいうと土日祝日は引っ越し希望者が多く平日に比べると費用が高めです。
もし平日に引っ越しできるので、割引があるのでオススメです。

 

時間でいうとみなさん午前中に荷物を搬送して午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しのあいさつは大事です。

 

引越しあいさつ

 

引越ししたら、ご近所へ挨拶に行きましょう。
最近はご近所付き合いが希薄と言われていますね。挨拶に行かない人も増えています。
しかし最初くらいしか挨拶をするチャンスはないですし、やはり第一印象は大事です。
一軒家なら長く住む可能性が高いのでなおさらです。

 

ではいつ頃行くのがいいのでしょうか?

 

一般的に挨拶に行くのは引越し当日か遅くても翌日だそうです。
結構すぐなので驚きました。

 

なぜこんなに早く行くのかというと、やはり引越し中の物音や引越しトラックが道を塞いで邪魔になる可能性があるからです。
引越し中、ご迷惑をおかけしますという謝罪を込めて早めに挨拶に行くのがオススメです。

 

先延ばしにするとだんだんと行くのが面倒になったり、先に廊下やエレベーターでバッタリ会って、逆に行きにくくなります。
引越しのあいさつは早めに行きましょう。

 

どこまで行けばいいのでしょう?

 

マンションやアパートなら左右両隣と上下の部屋に、一戸建てなら向こう3軒両隣、つまり向かいの家とその両隣、自分の家の両隣の計5軒に挨拶しましょう。

 

もし近くに管理人さん、大家さん、自治会長さんなどがお住いなら、そちらにも挨拶しておくといいですね。
生活するうえで絶対にお世話になる方々ですから、第一印象を良くしておきたいものです。

 

手ぶらで挨拶に行かれる方もいますが、500円〜1000円程度の粗品を用意していくといいですね。
洗剤やお菓子、タオルなどの消耗品を用意しておくと行きやすいです。

 

 

引越し業者のオプション

 

エレクトーン 運送 オプション

 

引越し料金=交通費+人件費+オプション費用
ではこの「オプション費用」とは何でしょう?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンは室外機ともつながっているため、素人が簡単に取り外したりすることが出来ません。
しかし賃貸の場合エアコンのない部屋も多く、エアコンを自分で購入して設置することも多々あります。
自分で買ったエアコンなら、当然新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

でも自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置するのはすごく面倒です。
引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれます。

 

運転が苦にならない人ならば、車の陸送なんて自分でやればいいのにと思われるかもしれません。
しかし長距離の引越しの場合は、車を1人で運ばなければならない場合もあります。
自分で陸送するのは、時間に余裕があって、運転技術と体力に自信がある人でないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノやエレクトーンはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノやエレクトーンの運送を扱わないこともあります。

 

一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

 

タンス 移動 冷蔵庫 配達 電子ピアノ 引っ越し